Cooperative Research In Mystery & Entertainment
探偵小説研究会

『2018本格ミステリ・ベスト10』発売中!



 探偵小説研究会編著『2018本格ミステリ・ベスト10』(原書房)が発売されました。新本格ミステリ30周年特集号です! 法月綸太郎・三津田信三・青崎有吾の三世代座談会や大倉崇裕インタビュー掲載。毎年恒例、2017年度の国内・海外本格ミステリ・ランキングのほか、映像、マンガ、ライトノベル、ゲームなど、レギュラー記事も充実しています。原書房サイト内「近刊案内」もご覧下さい。


『本格ミステリ・ベスト10』ランキングの集計ミスにつきまして


 先ごろ編纂刊行いたしました『2018本格ミステリ・ベスト10』の海外編において、集計にミスがあり、第5位の『湖畔荘』が総票数77で第6位となり、第8位の『代診医の死』が総票数78で第5位に繰り上がります。また圏外だった『ジャック・グラス伝』が総票数58で第8位に繰り上がり、『紙片は告発する』が総票数53のままで第9位に繰り下がります。以上の結果を反映させた正しいベスト10は以下の通りとなります。

01 13・67 218
02 雪と毒杯 135
03 月明かりの男 113
04 黒い睡蓮 111
05 代診医の死 78

06 湖畔荘 77
07 キリング・ゲーム 68
08 ジャック・グラス伝 58
09 紙片は告発する 53
10 渇きと偽り 51

 各作品の版元さま、および読者の皆さまには謹んでお詫び申し上げます。今後、このようなことのないよう心掛けてまいりますので、よろしくお願いいたします。

 ***

 また、先に刊行されたベストテンにおいても以下のような集計ミスがあったことを、併せてご報告しておく次第です。

 2012年版に関しまして、27位『ビブリア古書堂の事件手帖』17位タイとなり、18位から28位までの順位が繰り上がります。結果は以下の通りです。

17 物の怪(鳥飼否宇)
17 ビブリア古書堂の事件手帖(三上 延)
19 人面屋敷の惨劇(石持浅海)
20 人間の尊厳と八〇〇メートル(深水黎一郎)
21 システィーナ・スカル(柄刀 一)
21 私たちが星座を盗んだ理由(北山猛邦)
23 シンフォニック・ロスト(千澤のり子)
23 宮原龍雄探偵小説選(宮原龍雄)
23 獅子真鍮の虫(田中啓文)
23 烏丸ルヴォワール(円居 挽)
27 彼女はもういない(西澤保彦)
28 柳生十兵衛秘剣考(高井忍)
29 七人の探偵のための事件(芦辺拓)
29 マスカレード・ホテル(東野圭吾)

2013年度版に関しまして、『トラップ・ハウス』が圏外から28位タイに上がり、28位タイだった2作品『ビブリア古書堂の事件手帖3』と『彼女が追ってくる』が、29位タイに繰り下がります。結果は以下の通りです。

28 嫉妬事件(乾くるみ)
28 トラップ・ハウス(石持浅海)
29 ビブリア古書堂の事件手帖3
29 彼女が追ってくる(石持浅海)

 以上2年度分につきましても、各作品の作者のみなさま、版元さま、および読者の皆さまには、遅ればせながら謹んでお詫び申し上げる次第です。

2018年4月1日 探偵小説研究会


『2017本格ミステリ・ベスト10』発売中!



 探偵小説研究会編著『2017本格ミステリ・ベスト10』(原書房)が発売されました。今年は20周年記念拡大版! 毎年恒例、2016年度の国内・海外本格ミステリ・ランキングのほか、 20年分の本格ミステリトピックを掲載! 映像、マンガ、ライトノベル、ゲームなど、レギュラー記事も充実しています。原書房サイト内「近刊案内」もご覧下さい。


『2016本格ミステリ・ベスト10』発売中!



 探偵小説研究会編著『2016本格ミステリ・ベスト10』(原書房)が発売されました。毎年恒例、2015年度の国内・海外本格ミステリ・ランキングのほか、倉知淳、早坂吝インタビューも掲載! 映像、マンガ、ライトノベル、ゲームなど、レギュラー記事も充実しています。詳しくは、原書房サイト内「新刊案内」もご確認ください。


『2015本格ミステリ・ベスト10』発売中!



 探偵小説研究会編著『2015本格ミステリ・ベスト10』(原書房)が発売されました。2014年度の国内・海外本格ミステリ・ランキングのほか、古今東西名探偵ベスト10、岡田秀文・天祢涼インタビューなど、充実のラインナップ。映像、マンガ、ライトノベル、ゲームなど、恒例記事も掲載。詳しくは、原書房サイト内「新刊案内」もご確認ください。


『2014本格ミステリ・ベスト10』発売中!



 探偵小説研究会編著『2014本格ミステリ・ベスト10』(原書房)が発売されました。2013年度の国内・海外本格ミステリ・ランキングのほか、北山猛邦、深木章子インタビュー、円居挽×森川智喜の京大推理研先輩後輩対談など充実の内容。映像、マンガ、ライトノベル、ゲームなど、恒例記事も掲載。本格ミステリの一年がわかる本です。原書房サイト内「新刊案内」もご確認ください。


『2013本格ミステリ・ベスト10』発売中!



 探偵小説研究会編著『2013本格ミステリ・ベスト10』(原書房)が発売されました。2012年度の国内・海外本格ミステリ・ランキングを大発表! 竹本健治、法月綸太郎対談、皆川博子、會川昇・大山誠一郎インタビューも掲載。映像、マンガ、ライトノベル、ゲームなど、恒例記事も充実。本格ミステリの一年がわかる本です。原書房サイト内「新刊案内」もご確認ください。


『2012本格ミステリ・ベスト10』発売中!



 探偵小説研究会編著『2012本格ミステリ・ベスト10』(原書房)が発売されました。2011年度の国内・海外本格ミステリ・ランキングのほか、新世紀本格短編ミステリオールベストランキングも掲載されています。インタビューは東川篤哉、深水黎一郎、篠田真由美。映像、マンガ、ライトノベル、ゲームなど、恒例記事も充実。原書房サイト内「新刊案内」もご確認ください。


『2011本格ミステリ・ベスト10』発売中!

2011本格ミステリ・ベスト10書影

 探偵小説研究会編著『2011本格ミステリ・ベスト10』(原書房)が発売されました。2010年度の国内・海外本格ミステリ・ランキングのほか、2000年代海外本格ミステリ・オールベストランキングも掲載されています。インタビューは麻耶雄嵩、小島正樹。映像、ライトノベルなど、恒例記事も充実。原書房サイト内「新刊案内」もご確認ください。


『2010本格ミステリ・ベスト10』発売中!

2010本格ミステリ・ベスト10書影

 探偵小説研究会編著『2010本格ミステリ・ベスト10』(原書房)が発売されました。2009年度の国内・海外本格ミステリ・ランキングのほか、辻真先、米澤穂信インタビューなど充実の内容です。原書房サイト内「近刊案内」もご確認ください。


『2009本格ミステリ・ベスト10』お詫びと訂正

 当会編著の『2009本格ミステリ・ベスト10』において集計ミスがございましたので、お詫びを申し上げるとともに、国内ランキングの21位以下を次のように訂正させていただきます。

21 告白 湊かなえ 双葉社 36
21 三幕の殺意 中町信 東京創元社 36
23 七つの海を照らす星 七河迦南 東京創元社 35
24 腕貫探偵、残業中 西澤保彦 実業之日本社 33
25 火村英生に捧げる犯罪 有栖川有栖 文藝春秋 32
25 キッド・ピストルズの最低の帰還 山口雅也 光文社 32
25 辛い飴 田中啓文 東京創元社 32
28 鬼蟻村マジック 二階堂黎人 原書房 31
29 十三回忌 小島正樹 原書房 30
30 消滅島RPGマーダー 柄刀一 祥伝社ノン・ノベル 26

 既刊の『2009本格ミステリ・ベスト10』においては、24位タイに『探偵小説のためのエチュード「水剋火」』(古野まほろ/講談社ノベルス:33点)がランクインしていましたが、これは同作者の『探偵小説のためのヴァリエイション「土剋水」』(講談社ノベルス:17点)に投じられた票を、誤って『探偵小説のためのエチュード「水剋火」』(16点)に加算したものでした。
 今回の集計ミスによって順位の変動した作品の著者・版元・関係者のみなさま、『2009本格ミステリ・ベスト10』の投票に参加してくださったみなさま、当該ムックをお買い上げいただきましたみなさまに心より謝罪するとともに、今後はこうしたミスが二度と起きないよう、集計の際のチェックをさらに徹底いたしたく存じますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

2008年12月13日
探偵小説研究会



『2009本格ミステリ・ベスト10』発売中!

2009本格ミステリ・ベスト10書影

 探偵小説研究会編著『2009本格ミステリ・ベスト10』(原書房)が発売されました。2008年度の本格ミステリ・ランキングのほか、山口雅也、鳥飼否宇インタビュー、芦辺拓×霞流一×三津田信三の映像本格鼎談など見所満載! 原書房サイト内「新刊案内」もご確認ください。


探偵小説研究会編著『2008本格ミステリ・ベスト10』発売中

2008本格ミステリ・ベスト10書影

 探偵小説研究会編著『2008本格ミステリ・ベスト10』が発売されます(原書房、12月3日刊)。2007年度の本格ミステリ・ランキングのほか、綾辻行人氏×西澤保彦氏×霧舎巧氏による鼎談、有栖川有栖氏、三津田信三氏へのインタビュー、さらに「エッジでたどる新本格」などが収録されています。



探偵小説研究会編著『2007本格ミステリ・ベスト10』発売中

 探偵小説研究会編著『2007本格ミステリ・ベスト10』が発売されました。今号は10周年記念特大号です。2006年度のランキングのほか、1996年から2005年までのオールベストランキングも掲載。詳しい内容は原書房のサイト内、近刊案内にてご覧ください。 


『2007本格ミステリ・ベスト10』に向けて

 探偵小説研究会は、毎年、『本格ミステリ・ベスト10』を刊行しています。
 これは、東京創元社が「創元推理」誌上で、アンケート形式により1996年の「本格ミステリ・ベスト10」を選出したことが始まりです。翌年からは探偵小説研究会が編著者となり、「ベスト10」選びにとどまらず、ジャンルの1年間を振り返る年鑑的なムックの形で『本格ミステリ・ベスト10』を制作するようになりました。99年を対象年度にした『2000年本格ミステリ・ベスト10』以降は、版元を原書房に移し、現在も刊行継続中です。

『本格ミステリ・ベスト10』というムックは、各コーナーの設定、インタビュー対象の決定など誌面構成については、探偵小説研究会全体の責任として、会員間の話し合いで進めています。また、そうして企画された誌面を具体化するため、多様な個性、意見を持つ研究会員たちが、個々の責任で記名原稿を寄せています。

 一方、「本格ミステリ・ベスト10」というアンケートは、探偵小説研究会が本格ミステリに関する有識者と考える人々に投票を依頼し、集計結果を出しています(この時には、研究会会員もそれぞれ一投票者です)。「本格」の定義は回答者それぞれに一任し、1位から5位までを選び投票してもらう形式です。アンケート送付先は、過去3年間に回答してくれた方をベースとし、投票者にふさわしいと判断される人を適宜追加する方針をとっています。
 探偵小説研究会では、回答を集約するなかから「本格」の尺度が炙り出されてくる。いかなるアンケート結果が出るにせよ、同じ形式で出し続け、批判や議論が起きることに意味がある。本格ミステリの輪郭を画していくうえで重要であると考えています。

 96年の第1回「本格ミステリ・ベスト10」集計から数え、今年を対象年度(2005年11月〜2006年10月)とする次回の『2007本格ミステリ・ベスト10』(今年12月上旬発売予定)は、10周年にあたります。
 2007年版では、通常のアンケート、もはや恒例となったネット読者投票の両方で、今年分だけでなく、過去10年を振り返る「ベスト10」の集計を予定しています。ネット投票については、近い時期にこのサイトでも告知しますので、みなさんもぜひ参加してください。

 今後とも、『本格ミステリ・ベスト10』をよろしくお願いします。

2006年 9月14日 探偵小説研究会

■探偵小説研究会ホームページ

Copyright(C)-2006 Cooperative Research In Mystery & Entertainment. All right reserved